1.試験科目・試験時間

種 類
試 験 科 目
出題数
試 験 時 間

学 科

ボイラーの構造及びボイラー用材料に関する知識

 5問

13:30〜16:00

2時間30分

ボイラーの工作及び修繕方法に関する知識

 5問

溶接施行方法の概要に関する知識

10問

溶接棒及び溶接部の性質の概要に関する知識

 6問

溶接部の検査方法の概要に関する知識

 3問

溶接機器の取扱方法に関する知識

 3問

溶接作業の安全に関する知識

 3問

関係法令

 5問

 

計100点

実 技

下向き突合せ溶接及び立向き突合せ溶接

1時間

※出張試験における試験開始時刻は、別途会場ごとに定められます。



2.受験資格

コード
番 号
受 験 資 格
添 付 書 類
1

1年以上溶接作業の経験がある者(ガス溶接・自動溶接を除く。)

・事業者証明書

【注】実技試験は、学科試験合格後引き続き受験する者又は学科試験全部免除者が受験することができます。


☆事業者証明書の用紙はこちらからダウンロードできます。

5kb

3.免除科目

添付書類の「写し」には「原本と相違ないことを証明する。」との事業者の原本証明が必要です。

科目の免除を受けることができる者
免除科目
手  続
添付書類

普通ボイラー溶接士免許試験の学科試験に合格した者で、その学科試験が行われた日から起算して1年以内のもの

学科:全部
(実技試験のみ受験すればよい。)

受験申請書B欄の学科「全部免除」を○で囲む。

・免許試験結果通知書(原本)

普通ボイラー溶接士免許証の有効期間が満了した後2年を経過しない者

・有効期間が満了した普通ボイラー溶接士免許証の表裏の写し【注】
又は
・免許試験結果通知書(実技)(原本)

鋼船構造規程による1級A種、2級A種、1級B種、2級B種又は1級D種熔接技倆試験に合格した者
(船舶構造規則によるM2種O級A、M2種V級A、M3種O級A、M3種V級A、M2種P級A溶接技りょう試験に合格した者)

実技:全部
(学科試験のみ受験すればよい。)

受験申請書B欄の実技「全部免除」を○で囲む。

・該当する熔接技倆試験合格証の写し【注】

電気事業法による溶接方法の認可を受けた溶接士のうち裏あて金を用いる被覆アーク溶接(A)の区分で
1.W-1またはW-2の試験材で、それぞれfv、fvo、fvh、fvohの姿勢で行ったもの
2.W-3またはW-4の試験材で、rまたはeの姿勢で行ったもの

・該当する溶接検査合格証【注1】の写し【注2】

【注1】平成12年10月1日より前に発行されたものに限ります。
【注2】添付書類の「写し」には「原本と相違ないことを証明する。」との事業者の原本証明が必要です。


☆添付書類の作り方はこちら