1.試験科目・試験時間

試 験 科 目
出題数(配点)
試 験 時 間

・ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に関する知識

10問(30点)

 13:30〜16:00  2時間30分

科目免除者は
 13:30〜15:10  1時間40分

・ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に使用する器材、 薬品等に関する知識

5問(20点)

・関係法令

5問(20点)

・ボイラー及び第一種圧力容器に関する知識

10問(30点)

※出張試験における試験開始時刻は、別途会場ごとに定められます。


2.受験資格

不要。ただし、本人確認証明書の添付が必要です(科目免除のため、免許証の写しを添付する場合は不要)。


3.免除科目

添付書類の「写し」には「原本と相違ないことを証明する。」との事業者の原本証明が必要です。

科目の免除を受けることができる者
免除科目
手  続
添 付 書 類

ボイラー技士(特級、一級、二級)免許を受けた者

ボイラー及び第一種圧力容器に関する知識

受験申請書B欄の学科「一部免除」を○で囲み(ボイラー・一圧)と記入する。

・ボイラー技士
(特級、一級、二級)免許証の写し【注】


普通職業訓練(設備管理・運転系ボイラー運転科)又は普通職業訓練(ボイラー運転科)を修了した者


・職業訓練修了証(又は卒業証書)の写し又は卒業証明書(原本)(当該訓練を修了したことを特記したもの)【注】

旧養成訓練、旧能力再開発訓練、旧専修訓練課程普通職業訓練のボイラー運転科を修了した者


【注】添付書類の「写し」には「原本と相違ないことを証明する。」との事業者の原本証明が必要です。


4.免許申請の際の実務経験等の証明

   試験に合格された場合、免許申請の際に実務経験等(次例など)を証する書類の添付が必要です。ただし、平成24年4月1日より前にこの試験を受験した方が、その免許試験結果通知書又は受験票を添付して再受験申請し、合格された場合は、この書類の添付を省略できます。

例1

 ボイラー(小型ボイラー及び小規模ボイラー[伝熱面積が3u以下の蒸気ボイラーや14u以下の温水ボイラーなどで、小型ボイラーに該当しないもの]を除く。)又は第一種圧力容器(小型圧力容器及び小規模第一種圧力容器[加熱作用を行う熱交換器等で内容積が5m3以下のものなどで、小型圧力容器に該当しないもの]を除く。)の整備の補助業務に6か月以上従事した経験を有する者

例2

小規模ボイラー又は小規模第一種圧力容器の整備の業務に6か月以上従事した経験を有する者


☆添付書類の作り方はこちら